カードローンを紹介します!

1位:プロミス

評価:★★★★☆ 4.5
プロミス

 

3位:アイフル

評価:★★★☆☆ 3.5

カードローン審査のゆるい会社はどちら?

カードローンの審査って皆さん気になりますよね。

借りたくても審査に落ちてしまった。などという事もありますものね、

今回はカードローン会社を紹介していきます。

それぞれCMでもインパクトのある「アイフル」と「アコム」ですが、カードローンの中でも利用者の多いカードローンです。

初めて利用する方にとっては、どのような違いがあるのか分からないという方は多く、それぞれを比較することで特徴が見えてきます。

今回はアイフルとアコムのカードローンについての特徴を解説していきます。

アイフルの基本概要

会社名 アイフル株式会社
金利 年3.0%〜18.0%
審査時間 最短25分
貸付限度額 1〜800万円
融資スピード 最短即時
無利息期間 新規申し込みから30日間
郵送物の有無 無し。※ただし、申し込みが郵送もしくはインターネットの場合は希望により有り
在籍確認の有無 原則無し。
申込対象年齢 満20歳以上69歳まで

「愛がいちばん」でお馴染みのアイフルは、申込方法や利用方法が豊富で、利便性の高いカードローンです。

カードも不要であれば、アプリのみで利用することができるので、カードを保有する必要がありません。

初めての方であれば、無利息キャンペーンも受けることができるので、必要なお金を少しだけ借りたい方は、金利なしで借りることも可能です。

アコムの基本情報

会社名 アコム株式会社
金利 年3.0%〜18.0%
審査時間 最短30分
貸付限度額 1〜800万円
融資スピード 最短即時
無利息期間 新規申し込みから30日間
郵送物の有無 無し。※ただし、申し込みが郵送もしくはインターネットの場合は希望により有り
在籍確認の有無 有り
申込対象年齢 満20歳以上69歳以下

アコムも同様に、申込方法や利用方法が豊富で人気のカードローンとなっています。

特に、借入や返済方法はカードローンの中でも利用しやすく、初めての方は30日間無利息で借入することができます。

審査スピードや借入した際の融資スピードも非常に早いので、人気のカードローンです。

アイフルとアコムの比較

アイフルとアコムの基本概要を見てもらうとわかりますが、人気のカードローンになるため、比較的大きな差はありません。

金利や申込・利用方法などそれほど大きな違いはありませんが、2つを比較したときの選ぶポイントを紹介していきます。

 

■アイフルは審査時間が短く在籍確認なしで利用可能

アイフルは、カードローンの中でも審査時間最短25分と非常に早いのが特徴です。

大手消費者金融会社のほとんどは、銀行がグループ会社として運営していますが、アイフルのみ独自で行っていることが要因と言えるでしょう。

それに加えて、審査も独自で行なっていることから、在籍確認が原則なしで利用することができます。

カードローンを申し込みする際に、「誰にもバレたくない」という方も多いので、その際はアイフルがおすすめです。

■アコムは借入や返済がしやすいカードローン

アコムは、インターネットやアプリ、カードと様々な方法で借入や返済ができるのが特徴です。

独自のクレジットカード機能付きカードローンもあるので、キャッシュバック特典が受けられることも一つの特典と言えます。

特に、インターネットからの返済はいつでも利用できることに加えて、手数料なしで利用ができるので、長期的な利用になればなるほど、この差は大きいのでおすすめです。

アイフル・アコム 比較

  アイフル 判定 アコム
金利 年3.0%〜18.0% 年3.0%〜18.0%
審査時間 最短25分 最短30分
融資スピード 最短即時 最短即時
借入方法 振込ATM 振込店頭窓口ATM
返済方法 ATM返済口座振替振込 インターネットからの返済ATM返済口座振替振込店頭窓口
メリット 在籍確認不要30日間無利息 借入・返済がしやすい30日間無利息

アイフルとアコムのカードローンで利用される項目を比較すると上記の通りです。

前述したように大きな差はありませんが、審査時間のスピードや在籍確認なしができる「アイフル」と、利便性の高い「アコム」と言えるので、参考にしてみてください。

■まとめ

人気のカードローン「アイフル」と「アコム」を比較してきました。

どちらも人気のカードローンなので、申込方法や利用方法など使いやすいサービスですが、少し特徴が異なりますので、自分に合ったカードローンを選んでいきましょう。

 

消費者金融 比較 案内所 申し込みのポイントは?

審査内容や基準について解説!

この記事では、審査が不安な方向けに消費者金融の申し込みのポイントをまとめていきますので、最後まで読んでもらうことで、審査内容や基準を理解することができます。

ぜひ参考にしてみてください。

■ 消費者金融の審査難易度は?

消費者金融の気になる審査難易度ですが、カードローンを発行している「銀行」や「信販会社」もある中で、比較的通りやすい傾向があります。

もちろん金融機関によって差がありますが、銀行<信販会社<消費者金融の順で、可決率が高い傾向です。

審査に不安がある方も消費者金融カードローンを利用するといいでしょう。

■消費者金融の申し込みのポイント

消費者金融を利用する場合には、申し込み後、審査に通る必要があります。

消費者金融を申し込みするために必要なものや、審査基準について見ていきましょう。

申し込みに必要なものは?

消費者金融カードローンを申し込みする際に必要なものは「本人確認書類」と「収入証明書類」です。

ただし、「収入証明書類」については、

  • 借入額が50万円を超える場合
  • 他社の借入も含めて100万円を超える場合

上記の場合に直近2ヶ月分の給与明細書や源泉徴収書が必要になります。

は、運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードが必要になりますので、事前に準備しておくようにしましょう。

消費者金融の審査基準は?

消費者金融の審査は、各消費者金融の審査基準に沿って行われますが、基本的な審査基準については同じことが言えます。

審査に通るための基準としては、以下の点に注意しておく必要があります。

  • 安定した収入があるか
  • クレジットカード・携帯料金の支払いが悪くないか
  • 残債が多くないか

それぞれの審査基準について見ていきましょう。

安定した収入があるか

カードローンの申し込み条件には、年齢以外にも「安定・継続した収入」という条件があります。

要するに返済能力の有無が問われるため、安定した収入が必要ということです。

しかし、安定した収入というのは、実際にいくらという金額の明記はなく、アルバイトやパートの方でも審査に通ることはあります。

もちろん、年収が高いほど通りやすく、低いほど通りにくい傾向ですが、一概には言えませんので、覚えておきましょう。

クレジットカード・携帯料金の支払いが悪くないか

カードローンの審査基準で最も重要視されるのが、クレジットカードや携帯料金の支払いが悪くないか、ということです。

審査時に、個人信用情報機関に登録されている過去の支払い状況を見ますが、悪ければ当然審査に通りにくくなります。

よく耳にする「ブラック」というのは、支払いが延滞し続けてしまい、金融商品が作れなくなる状態のことを言います。

常日頃からクレジットカードや携帯料金などの支払いは、しっかりとしておく必要があるので、延滞しないように注意しましょう。

残債が多くないか

残債というのは、他の金融機関で借入している金額やクレジットカードの利用した金額がどれくらい残っているかの額を言います。

特に、消費者金融カードローンでは、「総量規制」と言って、年収の3分の1を超える借り入れはできないと法律で定められているので、それ以上の借入は絶対にできません。

ただし、銀行系カードローンは、「総量規制」の対象外なので、審査に通る可能性もありますが、残債が多いことにより通らないということもあるので、いずれにせよ残債が多すぎるのは良くありません。

借入は計画的に利用するようにしましょう。

まとめ

消費者金融の申し込みのポイントについて、審査内容や審査基準について解説してきました。

消費者金融の審査に通るためには、

  • 安定した収入があること
  • 支払いが遅れていないこと
  • 残債が多くないこと

上記のポイントが重要になりますので、覚えておきましょう。

必要書類の審査には注意!

もし必要書類に不備があると、審査に通らない可能性が高いです。仮審査通過のメールの後に提出する必要書類を完璧に揃えておきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。