1位:プロミス

評価:★★★★☆ 4.5

 

「お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。」
「高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。」

 

2位:アコム

 

 
 
※「18,19歳の方は収入証明書の提出が必須です。」
 

公式サイトへ

 

3位:アイフル

評価:★★★☆☆ 3.5

 

4位:SMBCモビット

評価:★★★★☆ 4.0
モビット

カードローン審査tz

カードローンとの違いや種類について徹底解説します。

「カードローン」と聞くと、お金が借りられるカードという何となくのイメージは湧くと思います。

しかし、借入ができる金融商品には「キャッシング」や「フリーローン」もあり、どんな違いがあるのか分からないという方は非常に多いです。

この記事では、カードローンについての違いや種類について詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

 

カードローンのキャッシングやフリーローンとの違い

お金が借りられる金融商品には、

・カードローン

・キャッシング

・フリーローン

と名称の違う商品がいくつかあります。

カードローンとキャッシングやフリーローンの違いについて見ていきましょう。

 

カードローンとキャッシングの違いは?

カードローンとキャッシングは、基本的にはどちらもカードを使って借入することができます。

カードローンのカードは、お金を借りる専用のカードですが、キャッシングのカードは、クレジットカードです。

そのため、カードローンとキャッシングの大きな違いは、クレジットカードの機能があるか専用のローンカードなのか?ということ。

その他にも、カードローンはお金を借りる専用なカードなので、金利が低い、借入できる額が大きいなどの特徴もあるので覚えておきましょう。

 

カードローンとフリーローンの違いは?

カードローンとフリーローンは、どちらもお金を借りる専用の金融商品です。

しかし、利便性や借入回数に大きな違いがあります。

利便性の違いというのは、カードローンは借入方法や返済方法などが非常に便利で使うことができますが、フリーローンはあまり選択肢がない傾向があります。

その理由としては、借入回数の違いです。

カードローンは、借入可能額があれば何度でも借入できるのに対して、フリーローンは借入希望額が1度で全額口座に振り込まれます。

要するにフリーローンは借りたい額を一度に借りて、返済するだけの金融商品なので、計画的に返済することができるのが特徴です。

カードローンとフリーローンでも利用方法に違いがあるので、覚えておきましょう。

 

■ カードローンの種類

カードローンの種類についても特徴が異なるので、理解していきましょう。

カードローンは主に以下の3つの金融機関が発行しているため特徴が異なります。

・消費者金融

・銀行

・信販会社

それぞれの特徴について見ていきましょう。

 

■消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローンは、利便性の高さが特徴のカードローン。

「アコム」や「プロミス」など、カードローン専用の自動契約機や無利息キャンペーンなど、利用がしやすいカードローンとなっています。

何と言っても、即日発行が可能なカードローンは、消費者金融系カードローンの大きなメリットなので、利用者も非常に多いです。

利便性の高さで選ぶ際は、消費者金融系カードローンを選んでいきましょう。

 

■銀行系カードローン

銀行系カードローンは、金利の低さ特徴のカードローン。

メガバンクや地方銀行など、銀行の大きさに関係なく各銀行がそれぞれのカードローンを発行しています。

申し込み時間や融資時間が遅い傾向はあるものの、金利は最も低い傾向があるので、長期間または高額な借り入れをする際は、銀行系カードローンがおすすめです。

特に、ネット銀行のカードローンは、近年ではカード発行もなくネットで完結できる利便性の高い商品も多いので、おすすめです。

 

■信販系カードローン

信販系カードローンは、クレジットカード会社が発行しているカードローン。

クレジットカードで使えるキャッシングに力を入れている信販会社も少なくないため、あまり種類は多くありませんが、専用のカードローンを発行しています。

クレジットカードを持っている会員がカードローンを利用することで、特典を設けているカードローンもあるので、お得に利用できるケースもありますので、覚えておきましょう。

 

カードローンの審査をするために必要なものは?

申込み前に準備するものと確認事項を解説!

カードローンの申込みは、初めて利用する方にとっては非常にドキドキするものです。

カードローン 申込み ベストガイドでチェックしてみて下さいね。

申込み方法も多様なため、どのようにして申し込みするのか、申込みには何が必要なのか、分からない方も非常に多いでしょう。

この記事では、カードローンを申込みするために必要なものにスポットを当てて、解説していきます。

申込みに必要なものや申込み前に確認しておきたい事項を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

■カードローンを利用するために必要なものは?

カードローンの申込みにも、

  • 自動契約機
  • WEB申込
  • 電話
  • 郵送

上記の方法から申し込みが可能ですが、準備するものとしては、ほとんど同じです。

カードローン 申込み ベストガイドで紹介させて頂くのでしっかりチェックしてみて下さい。

カードローンの申込みに必要なものは以下の2つがあります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

カードローンに必要な書類について見ていきましょう。

■本人確認書類

かードローンの申込みには必ず本人確認書類が必要です。

本人確認書類として有効な書類は以下のようなものが挙げられます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

基本的には、自動契約機による契約では上記1点が、それ以外の申込みでは、上記2点の本人確認書類の提出が必要ですので覚えておきましょう。

また、提出した本人確認書類の現住所が異なる場合には、「公共料金の領収書」や「住民票の写し」を求められることもあるので、注意しましょう。

■収入証明書類

収入証明書類は、カードローンの申込み必ず必要というわけではありません!

以下の条件に該当する場合のみ収入証明書が必要になります。

  • 借入額が50万円を超える場合
  • 他社の借入も含めて100万円を超える場合

上記の場合に、直近の源泉徴収票や直近2ヶ月分の給与明細書が必要です。

事前に該当することが分かっている場合には、準備しておくとスムーズに申し込みすることができるでしょう。

■カードローン申込み前に確認しておきたい事項

カードローンを申込みする際に、不安に感じられる理由として、

「早くお金が必要」

「カードローンが必要だけど誰にもバレたくない」

というような声が多く挙げられます。

カードローン 申込み ベストガイドの方法を確認する事をお勧めします。

そうならないためにも、申込する前に確認しておくべき事項を3つ紹介していきます。

■即日融資ができるか

カードローンも種類によって、申込みから融資までの時間が異なります。

早いもので1時間程度、遅いものでは数日かかるケースもあるので、その差は非常に大きいです。

早く借入が必要な方は、消費者金融カードローンであれば、即日融資が可能です。

消費者金融の自動契約機による申込みや、当日融資が可能なWEB申込みを利用することで、早く利用することができるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

■郵送物の送付があるか

申込みするカードローンによって郵送物の有無が異なります。

例えば、カードローンにもカードレスで利用できるカードローンと必ず発行されるカードローンがあります。

その場合に、カードが発行される場合は、自動契約機による申込みでなければ、自宅に発行されるケースが多いので、バレずに申し込みたい方は注意する必要があるでしょう。

近年では、WEB完結申込みで利用できるカードローンも増えてきているので、郵送物なしで利用することができます。

バレずに申し込みするのであれば、郵送物の有無は確認するようにしましょう。

■在籍確認はあるか

職場の方にバレる可能性があるのは、「在籍確認」です。

「在籍確認」は、金融機関が申込者が本当に申告した会社で勤めているかを確認するために行われます。

在籍確認もカードローンによって有無が異なりますが、基本的には在籍確認を実施する金融機関の方が多い傾向です。

人気のカードローンで言えば、「アイフル」は原則在籍確認なしで行っていますので、職場の目を気にする場合には、在籍確認なしのカードローンを選んでいきましょう。

カードローン 申込み ベストガイドでもご紹介しますね。

 

カードローン 申込み 後にキャンセルは可能?

キャンセルの方法や影響について解説!

お金が必要になった時に使えるカードローン。

申込した後に、「申込を後悔したからキャンセルしたい」「別の金融商品に変えたい」といった、何らかの理由でキャンセルしたい方もいるかもしれません。

カードローン 申込み ベストガイド で説明していきたいと思います。

しかし、カードローンには審査があるため、申込み後のキャンセルはできるのか、また、信用情報に影響があるのではないか、と不安に感じる方もいるでしょう。

この記事では、そんなお悩みを解消できるよう、カードローン申込み後のキャンセルにスポットを当てて解説していきますので、参考にしてみてください。

■カードローン申込み後のキャンセルはできる?

カードローン申込み後のキャンセルはできるのか?については、申込み後でもキャンセルは可能です。

また、カードローンの場合、費用のかかるカードローンはないので、申込み後にキャンセルしたとしても費用が取られたりすることもありません。

ただし、タイミングによってはキャンセルではなく、解約が必要なケースもあるため、キャンセルする場合には、なるべく早いタイミングで申し出するようにしましょう。

■カード発行後は解約が必要になる

カードローンは、カードが発行されるケースも多いため、自動契約機や郵送によるカード発行後は、キャンセル扱いすることができません。

カード及び契約書の発行がされた後は、解約が必要になるため、注意が必要です。

ただし、解約もキャンセルも基本的には、申し出することで受理してもらえるので、手続き上大きな差があるわけではありません。

カード発行後の処分については、しっかりとハサミを入れて処分する必要が生じるので、その点に注意しておきましょう。

■カードローン申込み後のキャンセル方法は?

カードローン申込み後やキャンセル方法は、申込み金融機関に申し出ることで、キャンセルを受付してくれます。

カードローンは、申込み方法が多様なため金融機関に伝える方法としては、電話で申し出るのが最も早くキャンセルできる方法と言えます。

特に、WEB申込みの場合に、審査待ちの状況であれば、キャンセルフォームなどは設けられていないケースがほとんどなので、電話にて連絡しキャンセルを伝えていくようにしましょう。

■カードローン申込み後のキャンセルは信用情報に影響がある?

カードローン申込み後にキャンセルすることは、信用情報に影響があるのか?については、結論から言えば、それほど影響はないと言えるでしょう。

キャンセルを理由に、その後一切審査に通らなくなる、ということはありませんが、金融商品の申込が増えることは、信用情報に影響します。

その理由について解説していきます。

■カードローンの多重申込みはしない

カードローンの多重申込みをすることは、信用情報機関の情報として記録されます。

これは、カードローンだけではなく、クレジットカードやその他ローンも同様で、同時期に多くの金融商品を申込みすることは、信用情報として悪影響を及ぼす恐れがあります。

例えば、クレジットカードであればポイント特典目当ての入会と思われたり、カードローンであればお金に困っていて、多額の借入で返済能力が弱いと判断される可能性もあります。

そのため、多重申込みは信用情報上、良くないのでキャンセルについては、大きな影響はないものの、多くの申込みをするのは避けるようにしていきましょう。

カードローン申込み後のキャンセルについては、問題なくキャンセルすることは可能です。

また、キャンセルすることで信用情報に大きく影響することはありませんので、申込み後本当に必要がなければキャンセルをするようにしましょう。

ただし、タイミングによっては解約が必要になったり、不要な申込みやキャンセルが多いと、信用情報にも悪影響となりますので、十分注意して利用するようにしましょう。

 

カードローン 申込み ベストガイドのイロハを説明します。

今日はプロミスについてです。プロミスってテレビCMでもよく流れているのでご存知の方は多いのではないでしょうか。

そんなプロミスといったら黄色がモチーフの消費者金融ですよね。

消費者金融って会社ごとにイメージカラーがあるイメージですが黄色=プロミスという認知がされていてわかりやすくていいですよね。

プロミスは、ちょっと審査のハードルが高めな消費者金融だった気がします。

実際審査をして確認してみたらわかると思うのですが、審査の基準は違うのだと思います。

それと、アコムなどもCMでよく流れるので皆さんも馴染みがあるのではないでしょうか。

このアコムは黄色いプロミスとは違い、イメージカラーは赤ですよね。

これも昔から変わらず、赤いアコムですから世間としても印象に残っているのではないでしょうか。

こういったカードローン会社の戦略だとは思いますが、各会社ごとにイメージカラーをしっかり作っておくことでお客さんからも判別や認識の違いがわかるような効果があるのではないでしょうか。

どこも同じ消費者金融だったらあまり意味がないですからね。

色が違って会社も違う。そしてサービスもそれぞれの色があるのでこういったカラーで差別化するのはとても消費者にとっても優しいのではないでしょうか。

カードローン 申込み ベストガイド まとめ

カードローン 申込み ベストガイドでは申込みするために必要なものや、事項について解説してきました。

カードローンには、「本人確認書類」や必要に応じて「収入証明書類」を準備しなければなりません。

反対に言えば、年齢条件やお勤めがあれば、必要書類を準備しておくことで、簡単に申込みすることができます。

事前にしっかりと内容に従って申込みを行っていきましょう。

カードローンと他の金融商品との違いや種類について解説しました。

お金の借入ができるカードローンですが、他の金融商品に比べて便利に利用することができます。

しかし、カードローンの中にも種類があり、サービスの特徴が異なるので、利用する前にぜひ参考にしてみてください。

 

カードローンをしているという事がバレない為に!

もちろん、この際にカードローン会社は申込者のプライバシーを配慮していますが、カードローンの利用が職場に知られてしまうリスクは決してゼロではありません。

カードローンを利用するのであれば、可能な限り周りの方に知られたくないという方が多くいらっしゃいます。

スマホ1つで毎月の返済を行うことができれば、特にバレる必要こともなく安心できますよね。

今はバレる事なく審査から借入までできる時代です。

安心して利用して大丈夫ですよ。

特に不安に思う方が多いのが、在籍確認で職場に連絡がかかってくるのを心配したり、職場の方に電話の内容を問われた時の言い訳を考えておかないといけない心配もされる方は多いようです。

関連記事

カードローン 審査ゆるいtz

おかね借りる 至急窓ロ

無利息 借りる窓ロ

借入申込みweb.pw